スポンサーリンク

Pocket

隅田川花火大会といえば夏の風物詩ですね。今年で41回目。

テレビでも中継されていて、テレビでも見ることができます。

テレビだと迫力伝わりませんけどね(笑)

隅田川花火大会は毎年95万人以上の観客が訪れる都内でも

有数の花火大会です。

ここ数年は開始直前にゲリラ雷雨に襲われたりと波乱の

幕開けなんて言うのもありましたね。

 

今年の隅田川花火大会はどうなるんでしょうか?

楽しみです。

そんな隅田川花火大会の日程や打ち上げ場所を

ご紹介していきたいと思います。

 

隅田川花火大会の日程と概要

日程:7月28日(土)

時間:19:10~20:30

毎年7月の最終土曜日が開催日になっています。

土曜日が雨天の場合は日曜日になります。

日曜日も雨天の場合は中止になってしまいます。

観客:95万人(2017年)

 

隅田川花火大会打ち上げ場所

隅田川花火大会の打ち上げ場所は第1会場と第2会場の2か所あります。

それぞれ打ち上げ場所には特設会場が設置されており、有料観覧席があります。

有料観覧席は公式HPチケットぴあなどで購入することが出来ます。

 

第一会場

場所:桜橋下流から言問橋上流

時間:19:10~20:30

打ち上げ数:9,350発

コンクールはこちらの会場で打ち上げられます。

隅田川花火大会はこちらの会場がメイン会場になります。

 

最寄り駅:浅草駅、本所吾妻橋駅、押上駅、業平橋駅、曳舟駅、

・東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩10分
・東武スカイツリーライン 浅草駅 徒歩10分

第二会場

場所:駒形橋下流から厩橋上流

時間:19:30~20:30

打ち上げ数:10,650発

こちらの方が少し打ち上げ数が多いですね。

最寄り駅

・都営地下鉄大江戸線 蔵前駅 徒歩5分
・浅草線 蔵前駅 徒歩5分
・東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩8分
・JR総武線 浅草橋駅 徒歩12分

打ち上げ会場アクセスのポイント

どちらの会場も最寄駅から徒歩10分程度でアクセスは非常にいいですね。

ただし、町中に交通規制がかかっており、上記地図の赤枠内は

進む方向が決められているところもあります。逆行はできません。

この点は注意が必要です。

また、浅草駅はできるだけ避けたほうが無難です。

とにかく一番人が集中する駅ですので、花火会場に到着するのに

一番時間がかかります。

第一会場だと「本所吾妻橋駅」第二会場だと「蔵前駅」が

スポンサーリンク

おすすめです。

少し離れた駅で降りて、徒歩で会場に向かうのが結果一番時間が

かかりません。

 

まとめ

隅田川花火大会は打ち上げ会場が2か所あります。

【第一会場】桜橋下流から言問橋上流
【第二会場】駒形橋下流から厩橋上流

打ち上げ数は約22,000発

【第一会場】約10,350発(コンクール玉200発含む)
【第二会場】約11,650発

第一会場がメイン会場ですが、第二会場の方が打ち上げ数が

多いという(笑)

最寄り駅はどちらも浅草駅が一番近いですが、少し離れた

駅で降りて歩いたほうが結果的に早く到着できる。

ということでした。

 

是非参考になさってください。

次は、隅田川花火大会2018年の穴場スポットと楽しみ方

をご紹介したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク